MENU


このページでは、トヨタルーミーに関する口コミ(レビュー)の情報を集めました。

 

初めはスズキのソリオを考えていたけど、ちょうど良いタイミングでルーミーがデビューしたのでこっちに変更したという方が多いですね。

 

エクステリアと室内

背の高いボディで前後ともに頭上と足元のスペースが広いのが好評。

 

室内に関しては思ったより広かったと感じているユーザーが多く、質感に関しては高級感はないものの、そこそこのレベル。

 

後ろ席を畳むと広い荷室になり、床を反転させると防汚シートが展開して自転車でも十分に積めるレベル。

 

動力性能に関して

 

ルーミーの動力性能に関しては、レビューを見ているとノンターボ車を買ったユーザーは動力性能が物足りないと感じている人が多いようです。

 

一言で言うと「遅い・・・」ということでしょうね。

 

個人的には1トンを超える重たいボディに非力な1000cc3気筒エンジンを積んでいるわけなのである程度仕方ないと感じますが・・・。

 

最近のユーザーは贅沢になってきているのかも知れませんね。

 

 

一方、ターボ車では動力性能がかなりアップする。

 

2000回転以下ではターボ効果は薄れるものの、ノンターボと比べると大幅に乗りやすくなっているが、それだけエンジンのノイズも大きいと感じているようだ。

 

特に2,000回転付近のノイズが大きいと言った口コミがチラホラ見られます。

 

エンジンパワー

エンジンのパワーを調べてみるとターボ無しなら69PSのトルクは9.4kg、ターボ付きなら、98PSのトルクは14.3kg。

 

エンジンパワーで約30PS、トルクで約5kgの差は結構でかいと思われる。

 

まあ、走れば何でも良いというような女性ドライバーならノンターボでも良いと思うが、そこそこのクルマを知っているドライバーならノンターボはちょっと辛そうだ。

 

 

ルーミーの運転のしやすさと乗り心地

 

運転はしやすい部類に入り、直線性もまずまずのレベルだが、ハンドル操作に対するクルマの反応はちょっと鈍くてシャープな印象は無い。

 

よってコーナーが連続するような峠道では正直曲がりにくく、スピードをやや抑えめで走るしかないと言ったイメージか。

 

ノンターボ車は14インチタイヤ、ターボ車は15インチタイヤを履く。

 

乗り心地は不快ではないけどやや硬いと感じているユーザーが多いようだ。

 

 

ルーミー 値引き へ戻る)